米子水鳥公園

スポンサーリンク

米子水鳥公園

米子水鳥公園がある中海周辺は、国内で確認された野鳥のうちおよそ42%の種類が記録されており、山陰屈指の野鳥の生息地です。
その東端にある米子水鳥公園は、広さ約28haを誇る水鳥のサンクチュアリ(保護区)で、水鳥の生息にとって最も重要な場所のひとつです。

冬の米子水鳥公園は、コハクチョウのねぐらになっていて、コハクチョウは朝方に公園を飛び立ち、島根県安来市の水田地帯(安来平野)へ行って落ち穂や草の根を食べます。
そして夕方になると、たくさんのコハクチョウが帰ってきます。米子水鳥公園は、コハクチョウにとっては「家」のような、大切な環境なのです。
他にも米子水鳥公園では、冬はカモ類やサギ類・国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなどが観察できます。夏は、水鳥の子育て(カイツブリ・カルガモ・バン)、オオヨシキリ、アマサギ、たくさんのイトトンボなどが観察できます。

野鳥

所在地 鳥取県米子市彦名新田665
問合せ先 0859-24-6139
営業時間 [4月〜10月]9:00-17:30
[11月〜3月]土・日・祝日:7:00-17:30
       平日:8:30-17:30
休業日 火曜日、祝日の翌日
料金 310円、中学生以下無料 (70才以上、身障者、要介護者無料、団体15名以上200円)
アクセス
米子自動車道・米子ICからJR米子駅まで約20分 JR米子駅から公園駐車場約15分 駐車場から徒歩2分(タクシーで2000円前後)

バス(日の丸バス)
JR米子駅から内浜線下葭津行き(一日10便)で約20分 バス停「乗越」下車、バス停から徒歩20分 または、JR米子駅から隠岐連絡船接続バス(一日数便)で約10分 バス停「米子水鳥公園入口」下車 バス停から徒歩15分
駐車場 あり(無料)
URL http://www.yonago-mizutori.com/

米子水鳥公園の地図

スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る