環境省レンジャー(自然保護官)

スポンサーリンク

環境省レンジャー (自然保護官)

動物と大自然の環境保全・管理を行う、動物を愛し、 自然を守る地球規模の専門家です。

■どんな仕事?
国立公園の環境を管理し、利用者への自然解説などを行うのが環境省職員のレンジャーです。
山の荒廃、植物の減少を食い止め、絶滅の恐れのある動物を指定し、生息域と増殖事業を行うのがレンジャーとしての主な仕事です。
また、国立公園内の開発・監視、開発規制に関わる許認可にも関わります。
そのほかパークボランティアや自然公園指導員の人材育成など、与えられた使命は大きいものがあります。

■仕事に就くには?
国家公務員試験に合格し、環境省に採用されることが必要です。
本省内での勤務もあるため、希望通りレンジャーになれるという保障はないので注意が必要です。
デスクワークと開発現場の巡視業務が以外に多いということも知っておくべきでしょう。
レンジャーの就任はふつう3年、長くても5年で転勤は避けられません。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る