野生生物保護技術者

スポンサーリンク

野生生物保護技術者

動物と大自然の環境保全・管理を行う、動物を愛し、 自然を守る地球規模の専門家です。

■どんな仕事?
今、豊かな自然や野生動物を守ろうという意識が世界中で高まっています。
野生生物保護活動は欧米先進国主導で進められてきましたが、最近では日本にも野生動物の保護管理を行う会社が少しずつですが増えています。
その主な仕事としては、野生生物の保護はもちろん、傷ついた生物の治療、一定の生息地の確保、生息環境保全のための活動などを行います。
どこにどういう動物がいるのかを調査し、それによって明らかになった事実をもとにどんな提言ができて、具体的施策がたてられるかを導き出していきます。
例えば、野生のサルのなかで、人に害を与えるサルがいた場合、人間に害を与えるからといって無計画に捕獲や駆除をしてしまっては、それまで保たれてきた生態系を破壊してしまう恐れがあります。
ですから、まず生息地域における被害の実態を調査し、包括的な施策に科学的根拠を示します。
そして人間と動物の共存を図るために動物の密度・数を把握し、それをもとに保護活動を行っていきます。
また、サンクチュアリ(野生動物保護地区のこと)を訪れる人々に自然のすばらしさを体験してもらったり、野生生物保護思想の普及活動を行うのも大切な仕事です。

■仕事に就くには?
日本における野生動物の保護管理を行う会社は、徐々に増えてきているとはいえ、それでもまだ少なく、専門家の数も日本全国の野生生物の生態調査に対応するには不足しているのが現状です。
その専門家として、自然保護団体スタッフ、野生生物研究所スタッフ、インタープリンター、環境アセスメントスタッフ、ビオトープ管理士、環境緑化会社スタッフ、動物・植物環境デザイナーなどがあり、組織としては、環境省や林野庁、その他野生生物の生態調査を行う会社、団体などがあります。
民間会社のほかに第3セクターや財団法人が運営しているケースもあり、定期採用はあまり行われていないのが現状です。
地方自治体や全国の市民活動センターなどでこまめに情報を収集すれば、求人の機会にめぐりあう可能性があります。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る