動物カメラマン

スポンサーリンク

動物カメラマン

カメラマンの中でも主に動物を撮影することを仕事としている人たちがいます。
身近な犬や猫をかわいらしく撮る人や、 人間がなかなか足を踏み入れられないようなジャングルの奥地まで 猛獣を追いかけていく人などさまざまです。
写真の技術はもちろん、自分の写真を材料にいかに収入を得るかなど、 カメラマンとして生きていくためには知恵を絞らなくてはなりません。

■動物カメラマンになるには?
写真集や雑誌などの仕事では、撮影だけではなく現行の執筆もすることが多いので、文章力も必要です。
人にわかりやすく物事を伝えられる文章を書けるようになりましょう。
動物の知識は大学などで専門的に学ぶレベルまでは要求されません。
動物に関する本を読み、集めておくぐらいで大丈夫です。
生物学者と知り合いになっておくと良いでしょう。
海外で仕事をするのなら、語学もしっかりやっておきたいところですが、言葉が分からなくても現地の人と意思のやり取りができれば大丈夫でしょう。
なんとかコミュニケーションをとろうという積極的な姿勢が求められます。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る