調教師

スポンサーリンク

調教師

調教師の仕事の第一は、優れた素質を持つ馬を見つけて強い競走馬に育て上げることです。
さらに騎手やきゅう舎で働くきゅう務員などのスタッフ管理、 馬主と預託契約を結んで馬を管理したりします。
いわばきゅう舎全体を運営する「会社の社長」のようなものです。

■どんな仕事?
馬主(馬の持ち主)から預かった馬を、注意深く育てて調教し、素晴らしい競馬馬に仕上げていくのが調教師の主な仕事です。
そのために直接馬の世話をするきゅう務員や、馬に乗る騎手を雇って管理します。
みんなの協力がなければ何もできません。
預かっている馬のコンディションを常に見ながら、エサの量から運動の量まで細かくチェックするのが仕事で、いわばレースに向けてきゅう舎ぜんたいが一丸となっていくためのリーダーといったところです。
そのほか、良い馬を見つけ出すためのネットワーク、広い人間関係を築くことも大切な仕事です。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る