騎手

スポンサーリンク

騎手

一言で言えば競馬のレースで勝つことが騎手の役目です。
しかしその1勝のためには、まず自分が乗る馬を自分で見つけなければなりません。
急な調教の依頼にもきちんと応じるなどして誠実に仕事をこなして、 調教師や馬主の信頼を勝ち取ることがその第一歩となります。

■騎手になるには?
競馬にはJRA(日本中央競馬会)主催の中央競馬と都や県の管轄で行われる地方競馬があります。
中央競馬の騎手になるには、競馬学校の騎手課程(3年)を卒業しなくてはなりませんが、受験倍率が30倍と入学するのが大変です。
地方競馬の場合は、栃木県の地方競馬教養センター騎手課程(2年)を卒業するのが一般的です。
どちらも視力や体重などに条件があります。
とくに中央競馬の体重制限は43kg。
これを維持するのが苦しい人は残念ですがあきらめたほうがよさそうです。
試験の内容は筆記試験と運動能力テストなどです。
そのほか中央競馬では性格適正検査なども行われます。
有名な騎手や調教師の子が騎手になる例が多いのですが、最近ではサラリーマン家庭で育った人も増えています。
<
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る