畜産技術者

スポンサーリンク

畜産技術者


■どんな仕事?
畜産の範囲は大変広く、代表的なものは乳牛、肉牛、豚、採卵鶏、食用鶏(ブロイラー)などの飼養管理と飼料作物の生産です。
このほかミンクやキツネのような毛皮動物、ミツバチの飼育なども含まれます。
畜産業では、より良質なものをより多く生産するための方法が絶えず開発され改良されています。
畜産技術者は主に畜産試験場や種畜牧場などで家畜の育種改良や飼育方法、飼料作物の生産技術の研究開発や実験に取り組み、その成果を畜産家に指導、普及する仕事をしています。
牛、豚、鶏など、それぞれ自分の専門とする家畜の種類が決まってきます。
また最近ではバイオテクノロジーの技術を使って生産性の高い家畜の飼育研究などに取り組んでいます。

■畜産技術者になるには?
畜産技術者になるには高校の農業課程修了以上の畜産関係の知識が必要です。
教育機関として大学の畜産学系学部や農学系学部の畜産学科、あるいは獣医学科などのほか、短大の酪農・畜産系学科、都道府県の農業大学校の畜産系学科、農業系専門学校の畜産コース、高校の農業課程などがあります。
畜産関連のライセンスとして、人工授精または受精卵移植をする「家畜人工授精師」、ふ化したばかりのひよこのオス・メスを鑑別する技術者「初生ひな鑑別師」、畜産農家の経営分析や診断、助言や指導などをおこなう「総括畜産コンサルタント」などがあります。

■仕事に就くには?
国公立の研究機関で畜産技術者の仕事に就くには、公務員試験の畜産区分などの試験に合格して、農林水産省や各都道府県の職員として採用されることが必要です。
畜産技術者の多くが公務員や畜産関係の団体職員ですが、乳製品や食肉加工の食品メーカー、飼料メーカー、製薬会社、商社の技術社員として活躍している人もいます。
畜産業を自営するには、ある程度の資力と広い土地を持つことが前提条件になります。
最近は酪農、養豚、養鶏などは企業化されてきて、この方面に就職するケースも増えています。
また家畜人工授精師や初生ひな鑑別師などの資格を取得して独立する人も少なくありません。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る