アクアリウム技術者

スポンサーリンク

アクアリウム技術者


■どんな仕事?
アクアリウムのもともとの意味は水槽、水族館です。
アクアリウム技術者とはアクアリウムを科学という観点で捉え、理想的な環境を創造、維持するスペシャリストです。
主にペットショップ、観賞魚店、観賞魚輸入業者、鑑賞魚養殖業者、水産関係会社、養殖事務所、水族館などで活躍します。
最近では家庭でも手軽にエアーポンプやサーモスタットなどの飼育器具が入手できるようになり、熱帯魚や水草は人の心を癒す新しいインテリアとして楽しまれています。
水草の中に小さな海や川を創りあげて室内に美しい水中世界を再現するアクアリウム。
近年では美しい色彩の熱帯魚だけではなく、藻類などの種類も多彩になってきています。
飼育機具の進歩によってアマゾン川やさんご礁などの環境を作り上げることが可能になり、今では世界中の魚類を飼育できるようになりました。
しかし野生の熱帯魚を飼育し、その健康状態や艶やかな体色を維持させるのは簡単なことではありません。
その生物を形成する形態や機能を理解し、それぞれの生態にあわせた水槽レイアウト、循環システム、殺菌、温度管理などの技術が求められています。
そのほか水質の維持、管理、測定方法、検査法や浄化システムなど自然界と同じ条件を満たすために、すべての要因をベストの状態に保たなければなりません。
また魚病の予防、診断、治療についての知識、各魚類の繁殖環境の知識も必要です。

■仕事に就くには?
アクアリウム技術者が活躍するフィールドは、近年大きな広がりを見せています。
その背景にはバイオ技術の進歩と環境保全に対する世界的な気運の高まりがあげられます。
この分野の学問・研究は日々進歩していますので、つねに新しい知識や技術を吸収する努力が求められます。
関連の資格として中級バイオ技術検定試験、ビオトープ管理士1級・2級、1級小型船舶操縦士などがあります。
生き物を愛し、環境を護る忍耐力も必要な仕事です。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る