動物飼育技術者

スポンサーリンク

動物飼育技術者

動物園にいるいろいろな動物の世話をする仕事です。
だれがいつ来ても動物との出会いを楽しめるように、 担当の動物の健康状態を確かめ、えさを与えたり、獣舎の掃除をしたりします。
ときには来園者への解説や、イベントを企画することも。
また動物を通して環境教育を行うなど、さまざまな新しい役割も期待されています。

■どんな仕事?
動物園や水族館の飼育係の仕事は、けっこうきつい仕事です。
担当の動物にえさをあげたり、動物舎や水槽などのそうじのほか、動物たちの健康チェックも重要な仕事です。
病気やケガの有無を動きや歩き方、毛づや、糞の状態、臭い、エサの食べ残しなどで判断していきます。
健康状態によっては、量を調整したり、ほかの食品を混ぜたりします。
生きたエサしか食べない動物もいます。
動物によっては適度に運動をさせてやらなければいけません。
熱帯生まれの動物には暖房、寒帯生まれの動物には冷房の操作や調節が必要です。
病気やケガがあった場合は、獣医さんと一緒に治療にあたります。
また動物の世話だけではなく、来園者が参加する催し物を実施したり、分かりやすく動物の解説をするのも大切な仕事です。
野生動物の環境のセッティングをして、来園者に楽しみながら理解してもらえるように工夫をするもの飼育係の仕事です。
そのほか繁殖の世話、動物舎の修理や点検、動物の調教、運動場のそうじなど、いろいろな仕事があります。
一日の終わりには飼育日誌を必ずつけます。
とくに体調の異常などは詳しく記録します。
そして伝染病に予防のために義務付けられているフロかシャワーを浴びてから着替えをして仕事を終えます。
開始から終了までほぼ立ちっぱなしの重労働です。

■動物飼育技術者になるには?
動物園の飼育係になるには、これといって必要な資格や免許はありません。
ただ動物飼育のライセンスには、職員対象の飼育技術資格認定試験と、愛玩動物飼育管理士の民間資格があります。
生き物を扱う仕事なので、その習性、飼育法、健康管理についてなど大学・短大の関連学科、動物飼育の専門学校で学んでおくのが近道だといわれています。
研究論文など多く、これからの動物施設の国際化を踏まえた場合、国語、英語などの語学力も必要となってくるでしょう。

■仕事に就くには?
公立の動物施設に勤める場合には地方公務員試験に合格する必要があります。
ただし合格したからといって動物園、水族館に配属されるとは限りません。
日本動物園水族館協会に加盟している園館は全国に160あまりです。
しかし公立の動物園、水族館での定期採用はほとんど行われていないのが実情です。
民間施設の求人募集もほとんど目にすることはありません。
募集をかけている動物施設を探すこと自体難しいのです。
欠員の募集がないかどうか、自ら定期的に園館などに連絡をとるのがいいようです。
日ごろからの情報収集がものをいいます。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る