ペットフード研究・開発者

スポンサーリンク

ペットフード研究・開発者


■どんな仕事?
ペットフードメーカーの研究所で、主にドッグフードやキャットフードの研究・開発をします。
人間が食べる食品とペットフードの大きな違いは動物たちは食べ物を選べないという点です。
飼い主が与えるペットフードがペットの健康状態を決めてしまうということです。
これが新製品を開発するときの原点になります。
ペットフードを食べるだけで必要な栄養が十分摂れて体調もよくなるように配慮してあげなければなりません。
これは飼い主にとっても、日常の世話が負担にならないというメリットにもつながります。
研究所ではさまざまな種類の犬や猫を飼っています。
試作品を作るごとに試食して栄養、機能性、代謝性、嗜好性のデータ収集や分析に貢献しています。

■仕事に就くには?
研究・開発には専門知識が必要です。
研究所勤務には大学の獣医・畜産・水産系学部の出身者が中心です。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る