ペット探偵

スポンサーリンク

ペット探偵

行方不明になった犬や猫などのペットを見つけ出します。
それぞれのペットの特徴や習性、いなくなったときの状況などを聞き取って、 それに動物行動学や動物生態学の知識も加えて執念の追跡を始めます。
人間の探偵並みに頭と体を目いっぱい使うハードな仕事です。

■どんな仕事?
迷子のペットを探し出す仕事です。
捜査依頼のほとんどが猫と犬で、そのうち8割は猫です。
猫は本質的に自由を求めています。
人間の都合で室内で飼われていることが多くなっていても、外への興味があるので一瞬の隙をねらって飛び出しますが、初めて外に出るので、今度は帰れなくなるというのが猫の迷子になる原因です。
その習性や行動が研究されているので、発見率は犬よりも高いそうです。
発見率が低いのがマングースやフェレット、プレーリードッグなど外国から輸入されてきた新種のペットです。
まだ習性や行動についてあまり研究されていないためで、フェレットは依頼の50%程度しか捕獲できません。
このほかアライグマ、ハムスター、リス、ヘビ、ウサギ、キツネ、カメなどの捜査依頼もあります。

■仕事に就くには?
動物が好きなこと、体力があること、粘り強いことの3つの要素があればだれでもなれます。
初対面の人に聞き込みをしながら情報を集めるため、人当たりのよさは必要です。
女性の場合は勤務時間や捜索場所などの問題もあって、仕事上難しいこともあります。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る