ペットシッター

スポンサーリンク

ペットシッター

飼い主が旅行や仕事で不在のときや、病気やケガでペットの世話ができないときに、 飼い主の家に出向いてペットの世話をする仕事です。
散歩の代行やエサやり、遊び相手などを務め、 ペットにとって普段と変わらない環境になるように世話をします。

■どんな仕事?
ベビーシッターが人間の子どもを世話するのに対して、ペットの世話をするのがペットシッターです。
旅行やケガなどで飼い主がペットの世話をできないとき、自宅に出向いてかわりにケアします。
しかしただ単に食事を与え、水を換え、掃除をするだけならだれでもできます。
それぞれのペットがおかれた生活空間をよく理解して愛情を持って世話をして、気を配って、必要であれば飼い主にアドバイスをします。

■仕事に就くには?
仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、しつけのトレーナーや愛玩動物飼養管理士、日本ペットシッター協会が認定する民間資格などがあります。
フランチャイズの事業主を募集しているところもあります。
またペットホテルやペットショップが登録制でペットシッターをおく場合がありますが、いつも仕事があるわけではありません。
個人で始める場合は、その地域に重要があるかどうかよく調べたうえで、最初は広告活動に力を入れることが必要です。
ペットシッターの仕事場は依頼主の自宅となりますから、とくに看板を出したり、店を構える必要はありません。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る