ペットショップ経営者・スタッフ

スポンサーリンク

ペットショップ経営者・ スタッフ

ペットショップはペットと飼い主の出会いの場です。
ペットブームでショップで働きたいという人も多いですが、ただ「動物が好き」というだけでは務まらない。
ペットの仕入れから健康管理、販売まですべてを行い、 そのうえ買い方のアドバイスやアフターケアもする必要がありますから、 専門知識とサービス精神が欠かせません
■どんな仕事?
ペットショップの仕事は、生体(生きている動物)やペットの生活用品の販売のほか、動物の日常を世話する飼育管理やトリミングなどもあります。
とりわけイヌやネコのような生き物の販売は、神経を使う仕事のひとつ。
飼い主が後悔するようなことになったら、動物も店も不幸です。
そうならないためにも店側が来客の生活環境を詳しくききながら、あらかじめ考えられる問題点を探り出し、その解決策の準備をしていかなければなりません。
いわばコンサルタント業務ともいえます。
お客様が動物をよく理解してから、元気な動物を責任持って販売することがペットショップの役目です。
ペットが欲しいという気持ちが強いときには、生き物を飼うときのデメリットをあまり考えません。
一度家に帰ってもらい十分考える時間を持ってもらう場合もあります。

■仕事に就くには?
最近のペットショップは、生体販売に力を入れる店と、周辺グッズを充実させる店とに分化していく傾向にあります。
スタッフに欠員が出ないと募集しない店が多いのが実情です。
なお仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、とりまーやグルーマーの資格や販売士、愛玩動物飼養管理士などの資格をもっていると就職のとき有利です。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る