きゅう務員(厩務員)

スポンサーリンク

きゅう務員(厩務員)

調教師に雇われて、その指示に従いながら、直接馬の世話をするのが厩務員です。
馬の世話に明け暮れる仕事なので、馬好きでなければ勤まらないですが、 きゅ務員から調教師になる道も用意されています。

■どんな仕事 ほとんどの場合、馬房のある厩舎の上の階で住み込みで働きます。
担当馬とは同じ屋根の下に住み、長ければ3〜4年ものあいだ寝起きをともにします。

■仕事に就くには?
中央競馬会のきゅう務員になる場合は、競馬学校のきゅう務員課程(6カ月)を卒業し、日本調教師会が行う採用試験に合格することが必要です。
それに対して地方競馬全国協会の場合には、各競馬場の主催者(関東の場合は関東地方公営競馬協議会)の認定後、各厩舎ごとの採用になります。
JRA競馬学校問い合わせ先 電話047−491−0333 (月曜〜金曜日10:00〜16:00) アニマルベジテイションカレッジ 騎手、厩務員、牧場スタッフ、乗馬インストラクター等の養成、競馬学校受験対策。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る