動物看護士

スポンサーリンク

動物看護士

病気やケガをした動物の治療にあたる獣医師を、 医療現場で手助けする仕事です。
具体的には診療室やケージの掃除、 医療器具の消毒や整理整頓、診療中の保定(動物の姿勢を保つこと)、 手術の補助、入院動物の世話、受付などいろいろなことをします。

■どんな仕事?
動物看護士の主な仕事は、動物病院やペットクリニックに来院した犬、猫、小鳥などの動物を、獣医さんが診療・治療するとき、その助手を勤めるほか、手術の手伝いや入院している動物の健康管理などを担当します。
獣医さんと飼い主のあいだに入り、飼い主から病状やケガの具合などを的確に聞きだしたり、ペットの病態や治療、健康管理などを分かりやすく飼い主に説明することも、動物看護士の重要な仕事のひとつです。
獣医さんには聞き返しにくくても、動物看護士に分かりやすく話してもらえれば飼い主は安心できます。
動物だけではなく、飼い主の不安も和らげるクッション役も果たしています。
手術では外科・内科・産科など症状に応じた医療器具や薬品の準備をして、手術後はすぐに手術室や医療器具の消毒をします。
そして入院している動物に異常があったときには、ただちに獣医さんに報告をして、適切な処置をするのも重要な仕事です。
また血液・皮膚・糞尿の検査といった臨床検査技師の仕事をこなし、入院中の動物の症状にあわせた処方食の用意では栄養士の役割も果たします。
動物の歯を磨くのは、さしずめ歯科衛生士の仕事、さらに掃除、洗濯はもとより受け付け、カルテの管理などの事務スタッフの役割を担う場合もあります。
そして元気になって飼い主の元に返っていく犬や猫たちのグルーミングやトリミングもできなければなりません。
このように動物看護士の仕事は受付に始まり、獣医さんのサポート、入院動物の看護と介護、管理、美容、医療事務など幅広く、 動物病院では何でもこなさなくてはなりません。

■動物看護士になるには?
動物看護士になるには、養成スクールで学び就職する方法と、動物病院などに勤めながら学んでいく方法とがあります。
現状では養成スクールで学ぶ方法を選ぶ人が多く、ほとんどが女性です。
養成スクールでは看護学、獣医学、動物科学、美容科学など幅広く体系的に学びますから、効率よく知識・技術を習得できます。
また動物看護だけでなく、トリミングやハンドリングをはじめ関連する科目も学べますから、就職先の範囲も広がります。

■仕事に就くには?
動物看護士が主に働く場は動物病院ですが、仕事の内容は病院によって少し異なりますが、そのほかペットショップ、ペ ットホテル、グルーミングサロン、動物愛護団体などの動物関連団体、ペットフード会社、ペットグッズ会社、 動物医薬品会社、実験動物施設、動物臨床検査機関、動物園、動物関連教育施設・出版社などがあります。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る