獣医師

スポンサーリンク

獣医師

動物病院などで犬や猫などのペットの病気やケガの診察や治療にあたるのが獣医師です。
でも獣医師の活躍の場はそれだけではありません。
牛や馬、豚などの家畜の診療や病気の予防、畜産農家の指導をする農林水産省分野、 食肉や食品の安全を守るために食肉衛生検査や検疫などを行う公衆衛生分野などでも、 たくさんの獣医師が活躍しています。

■どんな仕事?
獣医師の仕事を大きく分けると次の3つのタイプになります。
@診療職臨床獣医師として直接診療活動をおこなう。
A行政職公務員として家畜の飼育管理、防疫、衛生管理などをおこなう。
B研究職大学や国公立の研究機関、民間企業の研究所などで試験や研究開発をおこなう。
@は牛、馬、豚などの産業動物を対象とする獣医師と、犬・猫などのペットを対象とする獣医師がいます。
畜産動物を対象とした診療活動には農業協同組合、農業共済組合、市町村や企業の家畜診療施設などに勤務する場合と、開業獣医師として個人でする場合とがあります。
いずれも畜産農家や牧場などの家畜衛生管理指導や、病気の予防・治療にあたります。
ペットを診療対象にしている獣医師は、個人で動物病院を経営するか、動物病院に勤めて診療をします。
最近のペットブームで診療範囲も広がっています。
Aは農林畜産関係では、家畜保健衛生所などに勤務して、家畜の飼育管理や家畜防疫業務に従事したり、動物検疫所で輸出入動物の検疫などを行います。
公衆衛生関係では保健所や食肉衛生検査所、魚市場などに勤務して検査員や食品衛生監視員として食品の安全性をチェックします。
Bは大学の研究機関のほか、国公立の畜産試験場や公立の家畜衛生研究所、水産・養鶏・養豚試験場などで研究・開発に従事します。
また製薬、乳業、食肉関係の企業の研究所で実験動物や基礎医学分野の試験研究をおこないます。

■獣医師になるには?
獣医師は一般に動物のお医者さんとか獣医さんなどと呼ばれていますが、法律で定められた正式名は「獣医師」です。
この名称は免許を受けた獣医師だけが使えるものです。
その他の人がこの名称を使ったり、獣医師と紛らわしい名称を名乗ることは禁止されていて、違反すると罰せられます。
獣医師になるには、獣医師国家試験を受験し合格しなければなりません。
受験資格を得るには大学の獣医学部、畜産学部、農学部などの獣医学科に進学し、獣医に関する6年間の課程を修了しなければなりません。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る