九州盲導犬協会

スポンサーリンク

九州盲導犬協会

九州盲導犬協会

事務局
〒810-0062福岡県福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
福岡市市民福祉プラザ内
電話 092-714-3169
FAX 092-714-3176
URL:http://www.fgda.or.jp/

盲導犬は視覚障害者の安全な歩行をサポートするともに、 日常生活はユーザ(盲導犬使用者)といっしょに生活するパートナーであります。
わたしたち(財)九州盲導犬協会は優秀な盲導犬を 一日も早く一頭でも多く視覚障害者のみなさんへ無償で貸与するため努力しています。


応援できること

■パピーウォーカーになる
パピーウォーカーとは将来盲導犬としての訓練を受ける仔犬を、生後2ヶ月から約1歳になるまでの間お預かり頂き、飼育して頂く仔犬の飼育奉仕者のことをいいます。
<(定期的な研修会などに参加していただくため、九州盲導犬協会まで無理なく来ていただくことのできる、近県の方にお願いします)
■繁殖ボランティアになる
繁殖ボランティアとは、将来盲導犬としての訓練を受ける犬を繁殖する為の犬をお預かりいただき、協会の要請に応じて交配し出産後パピーウォーカーにお預けするまでの間の仔犬を育てていただくボランティアです。

■リタイア犬を引取る
リタイア犬は今まで盲導犬として仕事をしていた犬が主に高齢の為、視力や体力の面で盲導犬使用者を安全に誘導することが難しくなって盲導犬という仕事を引退した犬を言います。
引退した後は余生を静かにのんびりと過ごさせてやるというのがリタイア犬ボランティアの仕事です。

■一般犬を飼育する
一般犬とは訓練センターで盲導犬の適正評価の結果、盲導犬に向いていないと評価された犬のことをいいます。
(他の協会ではリジェクト犬とか不適格犬とかいっています。
) 盲導犬には向いていなかったということで犬の評価が悪かったわけではありません。
一般犬は1歳前後の若い犬です。
家族の一員として新たな活躍の場を探しています。
自宅のペットとしてすべての責任を持って飼育していただくボランティアです。

■盲導犬募金箱の設置をする
お店のレジ横や病院・会社の受付などに、「募金箱」を設置していただけませんか? 募金箱設置をご快諾くださった方には「募金箱」と「協会ポスター」を送付いたします。

■資金を寄付する
金額は自由です。
※詳しいことは「九州盲導犬協会」ホームページでご確認ください。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る