麻薬捜査犬

スポンサーリンク

麻薬捜査犬

麻薬犬には「アグレッシブドッグ」と「パッシブドッグ」の2種類がいます。
アグレッシブドッグは、スーツケースや荷物の中の麻薬のにおいを嗅ぎ取ると、前足で引っかいて教えます。
パッシブドッグは、人が手に持っている荷物や服のポケットなどにある麻薬のにおいをかぎ、知らせるときは、その人のそばで「おすわり」をします。
麻薬を見つけるには、麻薬のにおいを掃除機のような機械で吸い取って、そのフィルターを分析する装置にかけるという方法があります。
でも、これは時間がかかるので漏っていた人を取り調べることができません。
犬のいいところは麻薬を持っているかどうかが直ちに分かることです。
お起きの荷物を短時間で調べることもできます。

■麻薬犬・・・はてな?
麻薬犬は麻薬中毒にならないの?
犬はダミーをくわえるけれども、麻薬の入ったものはくわえません。
麻薬のにおいを嗅ぎ取って知らせると、ハンドラーがダミーを投げるので、それをくわえるだけです。
麻薬のにおいをよく知っていて興味を示すのは、そのにおいがある所に大好きなダミーがあって、それでハンドラーと遊んでもらえるからです。
だから犬が麻薬中毒になることはありません。
<麻薬犬はほかのにおいにだまされないの? たとえば魚肉やコーヒー豆、また、香水や消臭剤をたくさんふりかけてあったりします。
でも、麻薬のにおいはほかのにおいと混ざるだけで、においの成分が消えるわけではありません。
だからにおいが混ざって人間にはからなくなっても、麻薬のにおいが残っている限り、鼻の鋭い犬には分かるのです。
スポンサーリンク

当サイトでは、動物・ペットに関するさまざまな情報を紹介しています。
家族で遊びに行ける、動物園・博物館・牧場などの動物スポットを紹介しています。
※本ページ内の情報が実際とは異なる場合がございます。

トップへ戻る